【ピンチはチャンス!】教室へ行くのがシンドイ時はどうしたらいいの?

こんにちは。junjunです。

2学期がスタートしましたね。

教室には、元気な子どもたちの声が似合ってます。

スタートして数日ですが、早くも脳みそに汗をかくような授業をしています。

ワクワクします。

楽しいです。

でも、そう思えるようになったのは、つい数年前です。

充実した時間を過ごしてきましたが、毎朝胃が重く、

始業式前日は、熟睡などできませんでした。

結論

「シンドイ」と自覚があるなら、それは成長するチャンスなのでラッキーです。だから行動しましょう。

理由

①「シンドさ」に気づける感性があるからです。

 

②「成長」=「change」だからです。

 

③結果的に行動するきっかけが与えられて「ラッキー」だからです。

説明

①「シンドさ」に気づける感性があるからです。

特に、教師という仕事は、「気づく」=「自覚」=「メタ認知」が必要です。

子どもたち、保護者の方、同僚・・・。

特に、子どもたちのちょっとした表情や言葉遣い、振る舞いなどの変化に

気づくことが求められます。

教師も人間なので、気づけないことも当然あります。完璧ではありません。

ですが、子どもたちの多くの変化に気づくことができない状態では、

目の前に「シンドイ」事実があっても、その「シンドさ」には気づけないのです。

何か困ったことが続き、その状態を「シンドく」感じられる。

ところが、困ったことが事実起きていても、それを「困ったこと」と認識できなければ、「シンドさ」さえも感じることはできないのです。

あなたがもし、「シンドさ」に気づけているのなら、大丈夫!!

あなたは子どもたちの悲しさやつまらなさ、喜びや楽しさを誠実にキャッチできる

アンテナをもっているのです。

でも、1つ気をつけることがあります。

「気づける」ということは、自分自身を痛めつけてしまうほどの余計なことまでも

「気づいて」しまう可能性があります。

「気づいた」としても「スルー」できる技術も教師には必要です。

 

②「成長」=「change」だからです。

「シンドさ」を感じたら、気づいたら、その後はどうしましょう?

その後の行動は、全て自分で選べます。

たとえば・・・

①他の手だてを考え、try&errorを繰り返す。

②どうしたらいいかわからず立ちすくむ。

③「シンドさ」を与えられていると感じている相手を、トコトン憎む、

    攻撃する、罵詈雑言をはきまくる。

④とにかく自分を責めまくる。

⑤誰かに愚痴をこぼす。

⑥逃げる。

などなど・・・。

さて、「シンドイ」ことが起きた時、

これらの選択肢の中で、どれが正解なのでしょうか?

私は、正解はないと考えています。

その後の行動次第で、いくらでも自分の理想に近づけると思っています。

②の「立ちすくむ」状態になったとしても、それはその人に必要な時間なのでしょう。

「シンドさ」を感じられる感性があるなら、「立ちすくんでいる」状態でも、

思考を深め、次の一歩を踏み出せるはずです。

ここで注意点なのは、

「この選択は自分で選んだ」

という事実です。

「シンドさ」の渦中にいると、自分で自分をコントロールできないくらい

メンタルにダメージを受けているので、気づかないうちに次の行動を選んでしまいます。

「〇〇のせいで私はこうなった」

と思いがちです。

でも、違います。本当は他にも選択肢はあるのです。

「選ばされた」のではなく、

「自分で選んだ」のです。

これらすべての過程が「成長」であり、すなわち「過去の自分からchangeするきっかけ」になるのでしょう。

③結果的に行動するきっかけが与えられて「ラッキー」だからです。

繰り返しますが、どんな行動にも正解はありません。

自分が「幸せ」になりたいのなら、

それに向かって「最適」と思える行動を繰り返すしかありません。

ある行動をとった時、

「正解です!ピンポーン♬」

と、誰も教えてはくれないし、どこからか音が聞こえてくるわけでもないのです。

「シンドさ」を感じ、何らかの行動をとる。

もしかしたら遠回りしているのかもしれない。

でも、それもすべて含めて「自分の人生」です。

どちらにしても「シンドさ」を感じられることで「行動する」きっかけを与えられ、

「ラッキー」といえるのです。

まとめ

私の主張は、どんな時でも「自分を責めない」ことです。

責めても何も始まりません。

いえ、責めてもいいけど、ほどほどにしましょうね。

たとえ遠回りしても、這いまわっても、

「シンドさ」を感じられる人は、いつか必ず花開く。

花を咲かせてみましょうよ!!

もしも、何か一つ考えるヒントがあるとしたら、

次のことを考えてみませんか?

できれば、紙とペンを持って、自分のとりとめのない思考を、

とにかく書きなぐってみてください。

それは、

「なぜ、自分は教室にいくのか?」

ということです。

きっと次の一歩につながるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です