【ミニマリスト×小学校教師】「授業が終わらない!」から脱出する方法

こんにちは、junjunです。

いよいよ師走!12月に入りました。

今年は24日が2学期終業式です。

つまりあと17日しかありません!!!!!

 

学期末!12月に入ったのに、まだまだやることテンコ盛り!どうしたら余裕をもって終わることができるのかなぁ・・・。

 

結論

やらないことを決めましょう。

目次

終わらない原因が何かを分析しよう

 

真逆を想像しよう

 

●やらないことを決めよう(やりたいことを手放そう)

終わらない原因が何かを分析しよう

✅隣の同僚は何してる?

あなたが、

「終わらないよ!」と焦っている側で、

「あと残りのテストは数枚だよ」と余裕で言っている隣のクラスの同僚がいるとします。

いったい2人の何が違うんでしょう?

 

若い頃の私は、次のように思っていました。

余裕な人はきっと、わからない子、授業についてこれない子を

そのままにしているんだ。

余裕な人はきっと、学習内容を端折っているか、

詰め込んでいるかのどちらかだ。

これ・・・半分ホントで半分は思い込み。

 

子どもたちの側から考えてみましょう。

学期末に至るまで、いくら楽しく、わかりやすい授業を受けたからといって、

残り数ヶ月で適当なことをやられるより、

スタートから要点を絞って授業をされる方が幸せ。

 

しかも、授業が終わらないからと言って、

やり残した大量の問題やプリントを宿題に出されるなんて、

いい迷惑です。

 

✅なぜ余裕がないのか?

次の問いを自分に投げかけてみましょう。

①計画はたてた?守れていた?

②計画が崩れた原因は何?

③外部要因と内部要因を明かにしよう。

具体例で説明しますね。

昔のjunjunの場合です。

①計画はたてた?守れていた?

計画はもちろんたてた。

守れていたかどうかは、教科によってバラツキがある。

算数以外は守れている。

②計画が崩れた原因は何?

崩れた原因は?

行事に向けての練習時間と他教科の時間数オーバーの

調整で、そこにしわ寄せがいった。

また、予想以上に学習内容の定着に時間がかかり、

必要時間数がオーバーした。

③外部要因と内部要因を明かにしよう。

外部要因については、

やはり行事に要する時間数と、他教科に必要な時間数が増えたこと。

内部要因は自分のこだわり。

事前に、ある学習内容につまずくことが予想されていたので、

導入に凝ってしまったり、練習問題の解説や、子どもたちの発表に要する時間をとってしまっていた。

 

このように、自分が作った原因を客観的に見える化します。

真逆を想像しよう

✅原因はワタシだ!!😅

目の前のできごとは、ともすると他者に原因を求めてしまうことがあります。

上記の例でいうと、

●行事があるから時間がないんだ。

●そもそも教える内容が多すぎるんだ。

●子どもたちが理解しないからだ。

●前年度までの教え方に問題があるから、子どもたちの理解が定着されていないんだ。

 

まあ、これも・・・半分ホントで、半分思い込み。

なので、ここに囚われていても一歩も前に進みません。

結局、自分を変えるしかないのです。

 

✅内部要因にフォーカス

では、内部要因、つまり自分のこだわりを、

思いっきり真逆にふってみましょう。

●わからない子を放っておけない。→わからない子がいてもそのままGO!!

●楽しく進めたいから内容や方法を工夫。→楽しさは追求しない。淡々と進めるGO!!

●子どもたちが満足できるように時間を確保。→時間で切るGO!!

 

これができたら苦労はしませんね。

こうして、自分のやり方と真逆のやり方を見える化することで、

その間の方法を探れば、今よりも時間に余裕が生まれるはずだ、

ということがわかってきます。

やらないことを決めよう(やりたいことを手放そう)

✅やりたいことをやるために

12月に入り、やることテンコ盛りの状態から、

応急処置的にこの方法をやってみるのもいいのですが、

できれば学期を見通して、年間をおおよそ見通して、

この方法を取り入れることをオススメします。

 

誤解のないように言いますが、

私は全てにおいて時間を意識し、教師と子どもたちのやりたいコトを

端折れと言っているのではありません。

やりたいことを叶えるためにも、緩急が必要だとお伝えしたいのです。

 

✅やらないことは?

一人一人、そのクラスによって、やらないことは変わるでしょう。

ちなみに、私がここ数年心がけている「やらないこと」を

ご紹介します。

●なんでもかんでも考えさせない。

●先生一人が教えない。

●焦らない。

解説しますね。

 

●なんでもかんでも考えさせない。

経験が少ない時、国語の指導書に書かれていることを

そのままやろうとしていたことがありました。(ギョヘ!!)

「これも大切!」

「あれも発問しなきゃ!」

あれもこれも発問し、子どもたちに考えさせようとします。

どれが肝なのかがわからない状態です。

 

道徳授業でも同様です。

~話し合いの柱を3つたてる~

という不思議な暗黙のルールのようなものがはびこっていますが、

これだって、そこそこで子どもたちの意見を区切っていかないと、45分じゃおさまりません。

 

ゴールさえ見失わなければ、そこに行き着く方法はいくらでもある。

正解はない!!

 

何を教え、何を活動させ、何を考えさせるのかを見極めることが大切です。

 

そして忘れてはならないのは、子どもたちの生活経験です。

「紙をのりで貼り付ける」という単純な作業でも、明かにかかる時間に変動があります。

以前と同様のことをやろうとすると、とてつもなく時間がかかってしまう、

ということにもなります。

何を端折り、何を便利ツールで効率化を図るのかを見極めたいものです。

 

●先生一人が教えない。

大人が複数いることも大切です。

でも私は、

「子ども同士が互いの学びのリソースである」

と思っています。

私がわからないことに出会った時何をするか?

とりあえずググります😁

 

子どもたちもそうするでしょう。

教室では、目の前に人しかいないので、

わからないことを解決する手段として、

「人に聞く」

というスキルを身につけて欲しいと願っています。

先生1人が汗💦をかいていてはいけません。

本来汗をかくのは、子どもたちなのですから。

 

●焦らない。

昔、先輩の先生に言われたことがあります。

「ねぇjunjun!子どもたちにとって、目の前にいる先生が毎日笑顔で

いてくれることが、一番安心していられるんだよ。」

 

20年以上前の出来事ですが、私にとって忘れられない言葉です。

 

どんなに授業が上手くても、教師がムスッとしていたら、

子どもたちにとっては針のむしろです。

 

たとえ授業が拙くても、とりあえず口角だけは上げておこう、

と日々、自分に言い聞かせていました。

ただでさえ、やらなきゃいけないことばかりの学校です。

焦るなと言っても難しいところがあります。

でも、そこを何とか踏ん張って、

子どもたちの前では笑顔でのんびりと振る舞いたいものです。

2学期のゴールは目の前。

笑顔でゴールテープを切りましょう。

上手くいかない体験が、明日の教師のエネルギーです。まずは6割目指して!Let’s Have Fun!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です