【ミニマリスト×小学校教師】junjunのプロフィール&プライバシーポリシー

こんにちは、junjunです。

教育、子育てに関わるオトナたちへ・・・毎日をHave Fun!【52歳からのチャレンジ!】

当ブログ「junjunblog」にお越しいただき、ありがとうございます。

現在、教師歴29年目、52歳の【ミニマリスト×小学校教師】です。

当ブログ「junjunblog」は、

「教育、子育てに関わるオトナたちへ・・・毎日をHave Fun!」を

テーマに発信しているライフスタイルメディアです。

●教育、子育てをHave Fun!

「子どもたちを幸せに!」そう願うオトナたちのために、

まずはオトナが、元気、幸せであることが必要です。

【教育、子育てをHave Fun!】するための考え方やノウハウを紹介します。

●はたらき方をHave Fun!

「働くことは辛いこと」という固定概念から、自分の気持ちに向き合って、

【はたらくことをHave Fun!】するための考え方や、junjunのチャレンジの過程を紹介します。

●暮らしをHave Fun!

必要最低限のモノで【暮らしをHave Fun!】するミニマリストjunjunが、

実際に使ってみた商品やサービスを紹介します。

当ブログの記事を読んでいただき、みなさんの教育観、子育て、生き方、働き方が、今よりも人生を【Have Fun!】できるきっかけになれば幸いです。

✅過去の経歴

●大卒後小学校教師初任者デビュー➡️

●仕事没頭😅 ➡️

●37歳の時に「バーンアウト」と診断され、病休、休職を体験➡️

●8年間もの間、復職、病休を繰り返す。

●その間、心療内科に通い、投薬、カウンセリングも体験➡️

●復活!➡️

●現在、当ブログ「junjunblog」、Twitterを通じて、教育に関わるオトナたちが、毎日を「Have Fun!」できるように発信中➡️

●Let’s Have Fun!🤗

✅なぜブログを書くのか?

高校時代、運動部に所属していました。

先輩後輩の関係に厳しい「昭和チック」な部活でした。

大学時代、教育系のサークルに所属し、教育に関することを、

「ああでもない、こうでもない」と議論することの面白さを体験しました。

上記の【✅過去の経歴】にもあるように、

37歳の時に「バーンアウト」「うつ症状」と診断され、

これまで体験したことのない状況に陥りました。

そこから現在に至るまでに、私自身のモノの見方、考え方は、

大きくシフトチェンジしました。

その結果、今ではこれまで以上に「教師という職業」の面白さ、楽しさを

味わうことができています。

これらの体験やノウハウを、過去の自分に向けてブログに書くことで、

同じような悩みをもつ方の役に立つことができたら

それに勝る喜びはありません。

そんな思いをもって、当ブログをスタートさせることにしました。

では、もう少し、私のトンネル時代😅を深掘りしていきます。

✅トンネル時代 37歳「バーンアウト」

ある5月の朝、私は布団から起き上がることができませんでした。

真冬、温かい布団から起き上がりたくない、もっと眠っていたい・・・

そんな経験はだれしもあるでしょう。

でも、それとは全く異なります。

体に力が入らず、まさに鉛のように体が重く感じて起き上がることができませんでした。

ここから長い長いトンネル時代が始りました。

いえ、正確に言えば、数年前から次のような心と体の症状は表れていたのです。

それを無視して、力技で心にフタをしていました。

●頭の中でグルグルと思考が駆けめぐり、寝つきが悪い。

●夜中に目が覚め、その後眠れなくなる。

●朝、目が覚めても、頭痛や胃痛と共に目が覚める。

●常に不安がつきまとう。

などなど・・・

当時は、自分一人が世界に取り残されているような感覚でした。

今でこそ、「バーンアウト」「うつ」「精神疾患」「心の病気」といった情報は、ネット上に当たり前のようにあります。

10数年前、私はそこにたどり着くことができませんでした。

情報はあったのかもしれません。なかったのかもしれません。

新聞やテレビでは、教員が「心の病気を理由に、病休、休職が増加している」というニュースが流れていました。

実際その方たちがどこにいるのか、どんな暮らしをしているのか、全くわかりませんでした。

情報が欲しかったにもかかわらず、あるのは専門家の本だけでした。

当時私が欲しかったのは、同じような苦しみをもつ方や、それを乗り越えた方の「生の声」でした。

病休に入る前、傍目には何も変わらず元気な様子に見えたと思います。

でも、心の中は常に不安と隣り合わせで、それをかき消すように仕事に没頭しようとしていました。

37歳のあの朝以来、心療内科に通い、薬をもらい、カウンセリングも受けました。

病院の先生からは、

「休みましょう」

と言われるばかりでした。

でも、私には「休み方」がわからなかったのです。

「休むこと」に罪悪感を感じていました。

「こんなはずはない」と心と体の声を無視して、

重い体を無理やり動かそうとしていました。

何も変わらず、時間だけが過ぎていきます。

病休に入り、1ヶ月ほどすると、職場から連絡が入ります。

「3ヶ月で病休期間が切れるけど、その後復帰できそうか否か?」

についてです。

とても辛かった。

できることなら復帰したいけど、心と体が思うようにならない。

今日のことさえわからないのに、2ヶ月後のことなんて考えられない。

ただでさえ迷惑をかけているのだから、これ以上迷惑をかけることはできない。

結局、病休から休職扱いになるように手続きをしていただくことになります。

この後、このサイクルを数回繰り返すことになります。

✅出会い

休職期間に入ってしばらくしても、相変わらずの自分の状態に途方に暮れていた頃、マンガ、映画「ツレがウツになりまして」に出会いました。

「ああ、ここにいたんだ」「おんなじ状態の人が、こうして生きているんだ」と、仲間を見つけたような安心感を覚えました。

主人公がただ一人泣いている姿が自分と重なり、涙が止まりませんでした。

その頃、自分の気持ちを吐き出すツールとして、頭の中にグルグルグルグル無限ループのように駆けめぐっていることを、ひたすらノートに書き出していました。

あるきっかけでネット上の「ブログ」という存在を知り、

ノートと併用して「ブログ」を活用し始めたのもこの頃でした。

誰かが読むことを期待なんかしていません。

それなのに、なぜか誰かが覗く可能性のあるネット上に書き綴っていたのです。

ただただ、ひたすらひたすら自分と向き合う日々。

支えてくれる家族、友人はいても、しょせん向き合うのは一人。

そこからは逃れることはできません。

ただ一人、気持ちを書き綴り、ビジネス書、自己啓発書、哲学書などを読み漁りながら自分が至った状況の答えと、未来の振る舞い方に対する答えを模索していました。

考え方が変わると行動が変わる

✅私にしかできないこと

あれから10年以上の年月が流れました。

その間、復職しては病休・休職を繰り返し、たくさんの方々に迷惑をかけてきました。

その過程で、私は自分と向き合い、「教育とは?」という命題の答えを探し続けてきました。

数年前から薬も飲まず、心療内科に通わずとも、毎日を元気に過ごすことができるようになりました。

私が体験したことは、大きな声で語られるべきものではなく、他人から見たら、「恥ずべきこと」で、自分の心の中にしまっておくことなのかもしれません。

でも、昔私が同じ体験をしている方の情報が欲しかったように、

今、何らかの事情で、心を病んだり、子育てで悩んだり、自分を責めたりしている方がいらっしゃるのなら、私の拙い体験が少しでも役に立つのではないか?

そう考えるようになったのです。

書店の教育書コーナーには、全国各地の有名な教師たちの実践が所狭しと並んでいます。

でも、日本の教育を支えてきたのは、この方々だけではありません。

書籍として残らずとも、子どもたちの心の中に火を灯した教師たちが

たくさんたくさんいるのです。

私もその一人だと僭越ながら自負しています。

スーパーヒーロー、ヒロインではない、

「アウトサイダーな私にも、私にしか書けないことがある」

そう考えて、このブログを育てていきたいと思っています。


プライバシーポリシー

【Google Analytics】

『junjunblog』ではGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して詳しくは、ここをクリックしてください。

【AdSence】

『junjunblog』では第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は、ここをクリックしてください。

4 COMMENTS

ゆざわまきこ

改めて 先生のことを知りたくて はじめてプロフィールを読みました。
色々考えて、思っています。
休業中に、ブログにのっているたくさんのこてを
、参考にさせていただきます❗

返信する
10njun

コメント残してくださってありがとうございます。
私だけじゃなくて、みんな現場の先生たちは一人一人のスキルをもっていらっしゃると思ってます。
名もない教員でも、誰かの役に立てたら良いな・・・と思ってこの道を選びました。
いつも温かいメッセージをありがとうございます。

返信する
松本 智緒里 旧姓(大谷)

人伝えに先生がYouTuberになったと聞き、こちのブログを訪ねました。
我が家には、先生のファンがいます!
2年生でお世話になりました。4年で他県に転校し、今は6年生になりましたが、未だに先生の話題が出ます。怒ると恐いけど、面白くて、大好きだ。先生にまた教わりたいと繰り返します。
きっと不動の先生NO1なんですね。
そんな先生大好きな息子をびっくりさせようと、iPadに先生のYouTubeを表示させて寝たところ、今朝、久しぶりの先生の姿、馴染みのぐんまちゃんに喜びと笑顔と元気をいただきました。コロナウィルスで外出自粛中、自宅で過ごす時間が多くなりましたが健康で元気に過ごしたいと思います。先生もお身体ご自愛ください。

返信する
10njun

ご丁寧にコメントいただきありがとうございます。
現場を離れる・・・子どもたちと離れるのは辛かったのですが、
思うところがあり、この道を選びました。
この年でどこまでできるかわかりませんが、子どもたちに「夢は叶う」ことを伝えるためにも
試行錯誤を繰り返していきたいと思います。
コメントをいただけたことを励みに頑張ります!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です