【モーニングルーティン】子どもたちが登校するまでに私がしていることは?

こんにちは。junjunです。

あまりの暑さに、「プール入りたーい!」と言う子どもたちに、

1学期の水泳学習はやめて、2学期に水泳学習をした方がいいんじゃないかと

本気で思ってしまった先週でした。

 

みなさん、体調など崩していませんか?

今回の記事は、メンタルが元気な方はどうぞお読みください。

でも、ちょっと疲れたな・・・なんか上手くいかないな・・・

と感じていらっしゃる方はここでストップしてください。

来月くらいには、そんな方たちにお伝えしたい記事を予定しています。

それまで、美味しいものでも食べたり、静かに目をつぶって瞑想したりしながら、

焦らずに過ごしていてくださいね。

結論

①最優先事項を2つ以内に絞り、そこから着手しよう。

 

②明日以降に関わることに着手すると、心の余裕が生まれる。

目次

①例えば・・・月曜日の朝はこんな感じです。

 

②頭の中にあるものを、全て書き出そう。

 

③やってもやっても終わらない時は・・・

このブログを書いている人は、こんな人・・・

最近、朝4時に起きて、朝ジムに行っています。

早朝のジムは空いていて快適です。

ウォーキング、ストレッチ、筋トレと合計40分程度の短時間ですが、

集中して行うことができます。

スタートして3週間ですが、自分にとってやりたいことが

朝一番に完了するので、1日のスタートとしては最高です。

とまあ、朝は比較的得意な私です。

 

も昔は、目の奥や後頭部、肩こりなどの痛みと共に起きていました。

初任者時代から現在に至るまで、

だいたい730分前には学校に到着していました。

当時は、朝早くから夜遅くまで職場にいることもありましたが、

十数年前に体調を崩してからは、18時までには職場を退勤するようにしています。

最近では、定時退勤を心がけています。

それが可能になっているのも、やはり朝の時間のこれまた40分間のお陰です。

今日は、私が朝校門を入ってから、子どもたちが教室に入ってくる8時までの

【モーニングルーティン】についてご紹介します。

①例えば・・・月曜日の朝はこんな感じです。

AM7:15 校門到着後、理科で育てている植物の様子を見る。

AM7:20 玄関到着後、更衣室で着替える。(体育があるため)

AM7:25 教室到着後、電気をつけ、窓を開ける。(共に1ヶ所のみ。あとは当番の子に任せる)

✏️メモを見ると、その日に「必ずやること」と、「やっておくといいこと」が次のように書かれています。

学級通信、国語ワークシート印刷(本日使用所要時間5分程度)

体育ゲーム対戦表作り(本日使用所要時間10分程度)

懇談会で流す動画チェック(3日後使用)

さあ、上から順番にやっていこう!

となるのですが、私は落ちがあると心配なので、

昨日チェックした今日の1日の流れを、

もう一度頭の中でシュミレーションします。

すると、

「あっ、これどうする?」

というものが、こまごまと出てきます。

また、前日までに予定していた授業の流れを、

ガラッと変えたりすることもあります。

以上のように、時間にして5分以内の脳内シュミレーションの後、

今度こそ一気にチェックリストを上から片付けていきます。

ここまででだいたいAM7:35くらいになっています。

残り25分の勝負😁です。

ちょうどこの日は、3日後に参観・懇談会を控えていたので、

前日に作った動画(懇談会で流す)が、映像も音声もきちんと

流れるかどうかを確かめることにしました。

実際に流してみてビックリ!

最初は映像も映っていけれど、途中から音声だけになってしまうトラブル。

「あれ?これ、前もあったなぁ」

1学期にも同じことが起きたことを思い出しました。

すぐに対応できてひと安心。

もしもチェックせずに本番を迎えていたら、

アタフタして残念なことになっていたかもしれません。

数日前に用意しておけば、アタフタ感も少し落ち着いたアタフタくらいに

なるでしょう。

こんなことをしている間に、あっという間にAM800

「センセイ!おはよう!」

と教室に入ってくる子どもたちの声が聴こえてきます。

予定していた全てのTO DOが完了しました。

 

②頭の中にあるものを、全て書き出そう。

「ああ、今日の算数授業、どうしよう・・・」

気づいたら同じことを、頭の中でグルグルと巡らせていたことはありませんか?

こういう状態は、「考えている」とは言えませんよね。

ただ、浮かんでは消え〜の繰り返し。

気づいたら他のグルグルに移っていて、

結局何の結論も出ないまま、時間だけが過ぎていってる・・・。

こんな状態、昔はとてもよくありました。

でも、あることがきっかけで、

この「頭の中のグルグル」は、なんの得にもならないことに気づき、

思考を一歩でも前に進めるために、グルグルを紙に書き出すことを

習慣化しました。

すると、書き尽くした安心感があり、しかも次に何をやったらいいのか

明確になるというおまけ付き。

ところどころで次の質問を自分に投げかけます。

Q どうして?

Q どうやってやるの?

Q いつまでにやるの?

Q どんな力をつけたいの?

Q 他の見方、考え方はない?

すると、いままでのグルグルはウソのように、

常にスッキリとした状態でいられます。

メンタル面でもいいことずくめ。

TO DOリストは、こうやってある程度考え尽くしたものをもとに

作成していくと、不安感から解放されます。

私はこの作業を、週の後半から土曜日の午前中に行うようにしています。

その上で、1日にやる大きなTO DO(時間にしてだいたい20分以上かかるものを

1つとカウント)を2つ以内に絞ります。

さらに、印刷や当日の授業準備などの15分以内で完了する5つ前後のものを

書き出します。

まとめますね。

1日の勤務時間の中で、誰にも邪魔されず、

自分の時間として活用できる【朝の時間】は私の場合、40分間です。

その中で最大限の効果を上げる、つまり、落ちなく行うためには、

全ての仕事量を把握し、その一つ一つを分配していきます。

この「全ての仕事量を把握する」作業に慣れるまでは、

時間がかかるかもしれません。

でも、それを乗り越えれば、効率化も図れるようになってきます。

また、経験を積めば、同じ仕事でも20分かかっていたものが、

10分でできるようにもなってきます。

突発的なことが起こるのが学校現場です。

帰宅時刻が遅くなれば、当然、就寝時刻も後ろに下がっていきます。

毎日、子どもたちの前に、せめて笑顔で立てるように、

頭の中にあるグルグル駆け巡っているものを、

出し尽くしてみませんか?

おススメです。

③やってもやっても終わらない時は・・・

とりあえず寝ましょう。

そして、パワーをためて新たな気分で着手しましょう。

気分がリフレッシュしたところで、

もう一度書き出した「TO DOリスト」を見直します。

もしかすると、兼ねてしまえるところはありませんか?

本当にやらなくてはいけないものですか?

そんな質問を投げかけながら、一つ一つを点検してみましょう。

私は先日こんなことがありました。

学級通信で、社会科見学のことを取り上げることにしました。

同時に、見学先へ子どもたちからの質問事項を届けることにもなっていました。

つまり、この時点で私が抱える仕事は2つ。

①学級通信を書く。

②見学先への質問事項整理。

閃きました!!

質問事項を書き出したあと、それをコピペし、

学級通信の一部に貼り付ける。

この2つの作業は、結局30分程度で完了しました。

もしも、別々に作業していたら、1時間以上かかっていたことでしょう。

保護者の方にも、子どもたちがどんな質問をもって見学に行ったのかを

お伝えすることができます。

ねらいを達成できるのであれば、共有できることは大いにした方がいいですよね。

それでも終わらない時は・・・。

チャンスです。

そもそも学校という所は、やることは増やしても、

決して減らそうとはしないのです。

個人ではできます。

質は上げ、量は減らす。

そのためにも、自分の中の「核=Coreを決めましょう。

それでは!Have Fun!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です