【暮らしをHAVE FUN!】セメントプランターづくり/基本に忠実?しょうが焼き

子どもの頃、親から鼻で笑われるモノをよく作っていた。

確かに笑われるだけのことはあって、どこかツッコミどころのあるものばかりだった。

DIY初心者、暮らし初心者の私は、今回「セメントプランター」と、料理本に載っていた「しょうが焼き」を作ってみた。

年齢を重ねても、相変わらずの出来だが、作っている最中はメチャクチャ楽しかった。

今日は、その最中のアレコレをご紹介。

セメントプランターづくり/基本に忠実?しょうが焼き

もくじ

1 セメントプランター       2 基本に忠実?しょうが焼き

セメントプランター

☑️セメントプランターの材料   ☑️作り方(超カンタンバージョン)

「DIY 初心者」とググってみた。

壁掛け、テーブル、ディアウォールで壁づくり・・・どれもレベルが高そうだ。

数年前、ホームセンターでパーツがセットになっている、「おしゃれになるハズ」の椅子を、トンカントンカンと作ってみた。

作っている最中は、やはりメチャクチャ楽しかった。

完成して座ったら、グラ~ッと座面が傾き、「危険な椅子」になってしまった。

そんな私だから、今回は無理をせず、混ぜるだけの「セメントプランター」を選んだ。

とりあえず、まずは材料から。

☑️セメントプランターの材料

といっても、上の画像の通り。

いろいろググった中で紹介されているモノの中から、家にあるモノで賄えるものはそれで済ませた。

購入したのは、「インスタントセメント」をホームセンターで。

あとでAmazonで検索したら、そっちの方が安かった・・・・。

あとは100円ショップで大きさの異なる紙、プラコップを複数。

実際にやっていて困ったのは、セメントを大きいコップに入れたあと、それよりも小さいコップを入れた時。

当たり前なんだけどそれが浮いてきてしまう。

それを止めるためのテープが必要。

慌ててて、その辺にあるシールを使ってしまった。

☑️作り方(超カンタンバージョン)

ネット上にはDIYのプロたちの詳しい解説ブログや動画があるので、詳しい作り方を知りたい方はそちらをどうぞ。

私は作っている最中のナマの声をここに書くだけ。

では・・・

作る前の気持ち

セメントなんて、これまでの人生で扱ったことなんてない。

セメントは、プロの使うモノ。

素人が使う時は、サスペンスドラマで死体をコンクリート詰めにする時くらいだと思ってた。

どうしよう・・・セメントの中に手がハマって固まっちゃったら・・・

セメントの粉を水でとく

50も過ぎてそんなクダラナイことを、チラッと頭の中にかすめながら、ドキドキしながらセメントを水でといた。

はじめはちょっとだけ。

ビビってるからちょっとだけ。

そのうち、欲が出てきて増量。

カップに流し込む

大きさの異なる2種類のカップを用意。

まずは大きい方にセメントを流す。

量はだいたい半分くらい。

だって小さいカップを後から入れるんだからね。

もしも、なみなみと流してしまったら、辺りはセメントが流れ出してしまう。

さすがにオトナだからそこはわかった。

子どもの頃にコレをやってたら、絶対流れ出してたハズ。

乾くまで待つ

二重に重ねたカップのスキマで、セメントたちが閉じ込められている。

油断すると内側のカップが浮き上がってしまうので、用意し忘れたテープを慌てて探す。

セロテープがない!

落ち着け!

えっ!だって急がないとセメントが固まっちゃうよ!

そんな心の葛藤がある中で見つけたのは、戸棚にあった金色のシール。

とりあえずカップがとめられればいい!

急いでそれをはった。

セーフ!まだセメントは固まってない。

そりゃそうだ。

冷静になればわかるのに、私は時々テンパってしまう。

そして後から気づいた。

我が家にはガムテープがあったのだ。

完成

期待を裏切らず、やはり失敗である。

3個中、辛うじて1個だけ何かに使えそうな予感のするモノ。

あとは、カップから取り外す時、セメントがボロボロと崩れてしまった。

誰も言ってくれないから自分で言おう。

ナイスチャレンジ!

次回はきっと・・・

基本に忠実?しょうが焼き

☑️なぜ基本に忠実?       ☑️作り方

☑️なぜ基本に忠実?

私は「暮らし初心者」である。

29年間仕事オンリーで、「暮らし」は「仕事」へ向かう準備期間であり、こなすモノだった。

この4月から「仕事」は家の中でできるようになり、「暮らし」に目が向き始めた。

元来「学ぶこと」が趣味なので、「暮らしを学ぶコト」に興味をもった。

DIYもそうだけど、まずは人間食べること、「料理」である。

「こなす料理」から「楽しむ料理」へシフトチェンジ。

書店で料理本を手に入れた。

「暮らし初心者」は、まずは基本に忠実でなければならない。

☑️作り方

今日のメインディッシュは「しょうが焼き」だ。

当然、これまでだって作ってきた。

亡くなった母が作っていたのと同じ手順で作ってきた。

ところがどっこい、基本は違った。

はじめに塩、酒、みりんをかける。

10分ねかしてから水分を拭き取る。

しょうがダレは、焼いている時にかけるのだ。

ビックリしたのは、包丁の使い方だ。

野菜を切る時の切る向きもさることながら、なんと包丁は「引いて切る」と書いてある。

やってみた。

メチャクチャやりにくい。

でも、仕方ない。

だって私は「暮らし初心者」だから。

焼いてみた。

夕飯まで待ち切れず、肉を2切れ食べてしまった。

美味しかった。

junjun的まとめ

セメントプランターは、移し替える植物が枯れる前にキチンとしたものを作って植え替えてあげたい。

しょうが焼きは大成功だ。

母が食べたらなんて言うだろうな。

今度は母の得意料理のミートソースでも作ろうか。

あっ、餃子の皮を大量に買ってしまったんだった。

腐らせる前に、まずはそれを作らなきゃね。

今日は以上でおしまい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【今日の話で登場したモノ】

【暮らしつながりで最近読まれている記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です