【暮らしをHAVE FUN!】窓そうじ/ダルゴナコーヒー/ベランダで読書

家でブログやYouTubeの作業をしていると、今まで気づかなかった家の汚れが目に入る。

一度気づくと気になって仕方ない。

教師をしている時は、窓の汚れなんてほとんど気付くことなんてなかった。

たまに窓のサンを拭くくらい。

窓なんて1年に一回拭けばいい方だった。

今日は、去年の秋にそうじをして約半年が過ぎ、汚れが目立つ窓をそうじした日の出来事を紹介する。

【暮らしをHAVE FUN!】窓そうじ/ダルゴナコーヒー/ベランダで読書

もくじ

1 窓そうじ/ダルゴナコーヒー/ベランダで読書

2 軽く本の感想を

窓そうじ/ダルゴナコーヒー/ベランダで読書

窓そうじ

まずは道具の紹介。

●新聞紙&脚立  ●マイクロファイバークロス&バケツ  ●歯ブラシと綿棒

☑️新聞紙&脚立

「新聞紙で窓を拭くと、汚れがよく落ちるよ」と私に教えてくれたのは、若い頃に同じ学年を組んだ先輩先生だった。

その言葉だけの情報で、私はクラスの子どもたちに、ただ丸めた乾いた新聞紙でひたすら窓を拭かせてしまった。

当然、窓はキレイにならない。

ごめんね・・・

そう、新聞紙には水分を含ませなければいけないのだ。

また、違う年の大そうじ。

今度はビショビショに新聞紙を濡らして窓を拭いていた。

窓はキレイになるどころか、ちぎれた新聞紙が窓に張り付き、挙句は床に紙切れが散らばって、散々な思いをした。

今ならググれば窓拭きプロからのコツが一瞬でゲットできる。

私はそこに書かれているコツを、2、3年かけて自分のアホな失敗体験から学んだ。

そんなことを思い出しながら、窓拭きをスタート。

身長168cmの私でも、脚立にのった方が窓の上の方は拭きすいので、ふらつかないように上に昇る。

ずっと腕を上げているとシンドくなるので、たまに左手に持ち替えて拭き続ける。

ホッと息をついても、決してベランダの外側は見ない。

私は軽い高所恐怖症だから。

☑️マイクロファイバークロス&バケツ

すべての窓を新聞紙で拭き終わったら、水分が乾かないうちにマイクロファイバークロスで拭きあげる。

私はマイクロファイバークロスで水分を拭き取る作業が好きだ。

一滴も水分を逃さない、この潔さが好きなのだ。

そして、クロスについた汚れをバケツで洗い流す。

あっという間に水は真っ黒だ。

こんなに汚れていたのかとギョッとする。

汚れた水は、ベランダの溝へ流す。

ついでに新聞紙がボロボロにならない程度に、溝の汚れをこすりながらキレイにする。

☑️歯ブラシと綿棒

いよいよ最後の仕上げ。

歯ブラシと綿棒を使う目的は、窓のサンだけど、とにかく目についた汚れを時間の許す限りかき出していく。

右手に歯ブラシ&綿棒、左手にマイクロファイバークロス。

かき出してはクロスで軽く拭き取る。

窓のサンのシルバーがキレイに見えてくる。

そう、この家に住み始めたばかりの頃はこうだったんだよ。

あれから10年も経ったのか、と感慨にふけりながら目を横に向けると・・・

おっと・・・目に入ってしまったエアコンの室外機と網戸。

これをガッツリやってしまうと、疲労困憊してしまうので、今日は室外機を軽く水拭きで拭くだけ。

網戸は次回。

ダルゴナコーヒー

インスタグラムで偶然見つけた「ダルゴナコーヒー」。

今日で3回目のチャレンジ。

1回目は、景気良く泡立て過ぎてホイップの部分が固くなり、なんとも見栄えの悪いモノになってしまった。

でも、味はウンマイ!

2回目は、牛乳を奮発し過ぎてしまい、ほぼ牛乳コーヒーになった。

そして今回・・・上の画像の通りである。

ベランダで読書

今日の作業も終わったので、キレイになった窓を眺めつつ、ダルゴナコーヒーを片手に、昨日手に入れた本をベランダで読むことにした。

優雅だ・・・

こんな時間に、こんなことしてイイのか・・・ちょっとだけ罪悪感を感じたものの、すぐにそんなことは忘れ、本の世界に入っていく。

軽く本の感想を

動画で読んでいる本。

初めて手に取った著者の方の本だ。

『どこでもない場所』浅生鴨著

SNSで私がフォローしている方が紹介されていた本。

普段はビジネス書ばかりを読んだり、聞いたりしている私だけど、もともとはエッセイが大好き。

だから手に取った。

表紙も、触り心地もいい。

著者の浅生さんは、「いつも迷っている」らしい。

道に迷ったり、人に伝える言葉に迷ったり・・・大きなことから些細なことまで迷っているらしい。

なんか・・・共感できるなぁ。

まだ読み始めたばかりだけど、これから読み進めるのがワクワクするくらい楽しみだ。

動画には映ってないけど、読みながら声に出して笑っているくらいだから。

今日は以上でおしまい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【今日の話で登場したモノ】

【そうじつながりでよく読まれている記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です