【junjun流】教師の持ち物✨神7✨【個人差あり】

こんにちは、junjunです。

引き続き教室移動に向けて、セッセと片付けを進めています。

毎年、大量のゴミを出しながら、

こんなにたくさんモノを捨てなきゃいけないなんて・・・
もったいないなぁ。
結局、教師にとって最低限必要なモノってなんだろう?

と自問自答しています。

今日は、junjun自身が考えた「教師の持ち物✨神7✨」をご紹介します。

【junjun流】教師の持ち物✨神7✨【個人差あり】

これがないと始まらない

もくじ

●教師の持ち物✨神7✨

①蛍光チョーク&チョーク入れ

②100均カゴ

③クリップ

④バインダー

⑤ペン

⑥iPhone&iPad

⑦水筒

●共通することは?

教師の持ち物✨神7✨

①蛍光チョーク&チョーク入れ  ②100均カゴ  ③クリップ  ④バインダー 

⑤ペン    ⑥iPhone&iPad     ⑦水筒

以下、

❶使用頻度  ❷使用方法  ❸なぜ✨神7✨なのか?

について解説します。

①蛍光チョーク&チョーク入れ

❶使用頻度

商売道具ですから、毎日使います。

私は発色の良い、蛍光チョークを使っています。

❷使用方法

私は常にチョークをプラスチック製のチョークボックスに入れています。

教師用机上に置き、フタがすぐにあかないようにゴムでとめています。

大先輩の中には、桐の箱にチョークを入れている方もいらっしゃいました。

湿気を避けるためだそうです。

私にはそこまでのこだわりはないのですが、使ったらボックスに入れ、使いやすい長さをキープできるようにしています。

❸なぜ✨神7✨なのか?

特別感を演出するためです。

「チョークは先生とみんなの筆記用具」

だから使っていい時とそうじゃない時があるのです。

また、小さい子にとってチョークは物珍しいモノ。

それがその辺にチョコンと置いてあったりすると、誘惑に負けてしまうこともあります。

そういったことを防止するための手立てでもあります。

②100均カゴ

❶使用頻度

毎日使います。というか、レギュラーポジションにスタンバイされています。

❷使用方法

以下、3つの場面で使用します。

●提出物の提出場所  ●回収物の保管場所  ●自学プリント保管場所

●提出物の提出場所

宿題やプリントなどを提出する時に使います。セットで名簿と一緒に置いておくと、自己申告でチェックをつけ、提出者が一目瞭然です。

●回収物の保管場所

子どもたちが提出したものはできるだけ早く処理します。

とはいえ、そうはいかないこともあるので、回収したものがどこかへ紛れ込んだりしないように、カゴに一括しておきます。

「出した、出してない」を防ぐための方法です。

●自学プリント保管場所

クラスの実態にもよりますが、年度の途中で「自学ノート&プリント」に取り組みます。

子どもたちだけで自学のメニューを考えるのは限界があるので、こちらも何種類かプリントを用意しておきます。

自由に見たり選んだりするために、「自学プリントコーナー」にプリントの入ったカゴを常設しておきます。

❸なぜ✨神7✨なのか?

提出物を提出する時のマナーとして、前の人の向きに揃えるといったことも指導することがあります。

カゴのような、ある程度の「ワク」があると、人間の心理として「そろえなきゃ」という気持ちが働きます。

整理・整頓の基本として、保管場所を決めることがあります。

カゴはそのための簡単アイテムです。

③クリップ

❶使用頻度

これもレギュラーポジションに、大量にスタンバイされています。

❷使用方法

上記の、子どもたちからの提出物の中には、大きいものから小さいものまでのプリントがあります。

提出後、私はすぐに職員室と教室を往復する時に使っているエコバッグに入れています。

ここでクリップの登場です。

❸なぜ✨神7✨なのか?

もし、クリップでとめないとどうなるでしょうか?

私のノートや他のプリントなどにはさまってしまうかもしれません。

紛失の騒ぎにでもなったら、それこそ時間の浪費です。

なくてはならないアイテムです。

④バインダー

❶使用頻度

学校にいる間、一番私の身近にいるアイテムかもしれません。

❷使用方法
向かって右側に座席表。左側に行事関係資料。

写真の向かって右側に座席表をはさみます。

左側には、学年だより、学級通信、日報をはさみます。

行事関係の把握はこれでOKです。

❸なぜ✨神7✨なのか?

その日の細かなことが書かれているノートを持ち歩くのは、個人情報などが書かれているので躊躇されます。

ですが、バインダーであれば薄くてコンパクトなので持ち運びにも便利だからです。

⑤ペン

❶使用頻度

言わずもがな・・・毎日です。

❷使用方法

保護者の方からの連絡帳に返事を書いたり、子どもたちの様子をメモしたり、授業のアイデアを書いたりと、私の脳を見える化するための重要ツールです。

❸なぜ✨神7✨なのか?

ジェットストリーム(私は0.7mm)は、以前の記事でも書きましたが、持ち手の太さが私にピッタリなので、書き続けてもほとんど疲れを感じません。

この半年使い続けている「Vコーン」は、スケジュールなどの細かい文字を書く時に使っています。

多少軸が細いのですが、長時間使うこともないので気に入っています。

⑥iPhone&iPad

❶使用頻度

これなしには生きていけません😁

❷使用方法

仕事上で活躍するのは、メインは学級通信作成場面と懇談会で流す動画作成場面です。

❸なぜ✨神7✨なのか?

学校でのできごとを、保護者の方に伝えるツールは複数あります。

でも、写真や動画はダイレクトに様子が伝わります。

個人差がありますが、学校でのことを家に帰ってほとんど話さない子もいます。

ベターな方法が今は身近にあります。

それを使わない手はないでしょう。

iPhone11ProMax

iPad

⑦水筒

❶使用頻度

毎日です。

❷使用方法

私は白湯を入れ、教室に持ち込んで休み時間に飲んでいます。

❸なぜ✨神7✨なのか?

以前の同僚に、膀胱炎になった方が何人もいました。

原因は人それぞれでしょうが、共通する原因の一つに、「教師はお手洗いに行く回数が少ない」があります。

特に、低学年の担任であれば尚更です。

私は膀胱炎になったことはありませんが、人間ドックを受けるたびに、腎臓のある数値を指摘され、「1日2Lの水を飲め!」と言われ続けています。

たしかに教室前には水道場があります。

でも、休み時間も子どもたちの話を聞いたり、宿題の処理をしたりしていると、あっという間に時間は過ぎていきます。

ここ数年熱中症対策で、関東周辺の学校でも水筒持参がOKになりました。

そこで私も教室に水筒を持ち込み、こまめに水分補給ができるようになりました。

お陰様で、今年度の腎臓数値も安定し、医者にも「この調子!」とお褒めの言葉をいただきました。

教師自身の体を壊しては元も子もありません。

健康最優先です!

共通することは?

準備万端!

結論!

整理   発信   健康

上記3点に関わることが、教師にとって必要なアイテムです。

●整理

チョーク&チョーク入れ、カゴ、クリップ、バインダーが、これに当てはまります。

子どもたちの突発的なできごとに対応していくのが我々教師の仕事です。

モノをなくさない、情報にすぐにアクセスできる、余計な時間を浪費しないための自分なりの仕組みを作りたいですね。

●発信

教室の中でどんなに素敵なことが起きても、それが必ずしも子どもたちの口から保護者の方に伝わるとは限りません。

積極的に発信する活動は、可能な限り行なった方が、同僚、保護者の方に向けて少しでも安心していただけることにつながります。

●健康

体のどこか一箇所でも不調を感じると、人間のベストパフォーマンスは発揮されにくくなります。

一過性のものならまだしも、根深いものになっては人生にも影響を及ぼします。

ついつい体を張ってしまう教師ですが、自分を労るからこそ、子どもの気持ちにも寄り添える余裕が生まれるのではないでしょうか。

いよいよ新年度!

まとめ

以前の記事でもご紹介したように、私はプライベートでは自称「ミニマリスト」を名乗るほどの、必要最低限のお気に入りのモノだけで暮らすようにしています。

それはなぜか?

モノが増えると選択に時間がかかり、人生でもっとも大切なリソースである時間が浪費されてしまうからです。

モノが少なければ、選択に迷う必要がないですからね😁

今日ご紹介した7つのアイテムも、「時間」を浪費させずに生産性を上げるためのものです。

長年かけてたどり着いたアイテムたちですが、もし、皆さんの中に、「これはすごく便利!」というものがありましたら、ぜひTwitterやコメントで教えていただけると、日本の教師たちの生産性がさらに上がると思います。

時代はシェア!

どんどんシェアをして、

かこみ教育に関わるすべてのオトナたちが Have Fun!できますように!

上手くいかない体験が、明日の教師のエネルギーです。
まずは6割目指して!
Let’s Have Fun!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です